T&T' Box お祭りとなる「生誕祭」

お祭りとなる「生誕祭」


 この前、初めて「鼠」をリアタイで見た!!
録画したものも見れていないのに(笑)
一話完結ものだから、気にしないで見れた!!

 これの発表になった時に、
1月クールの20時台。。。見るのは
マジで無理だろうって思ったさ。

 だって、絶賛繁忙期中。
20時に家に帰れるわけがない。
そして、違う要素も加わった(笑)

 一回でもみれた事に感謝。
←録画しているのを見なさい(笑)

 続きに全然違う事。
お暇な方だけどうぞお進みください。


 



 昨日、3月8日は松井珠理奈の誕生日でした。
11歳でSKEに入った子供も、もう17歳。。。

 『子供?大人かな?』
と数日前から言ってましたが、私から見れば
17歳なんてまだまだ子供。。。

 しかし、彼女の言動はホント大人で
(ホントの大人の言動とはちょっと違いますが)
本当に頭が下がる思いです。

 先月、3月上旬の劇場公演スケジュールが
発表された時に、『あぁ、どんぴしゃだなぁ』と
3月8日がチームS公演になってて、ホント喜びました。
また、誕生日当日に「生誕祭」ができる。

 しかし、この時私は気付いていなかったンですが、
AKB劇場のスケジュールも発表になってて、
3月8日にチームK公演が入っていたンです。
(珠理奈はチームKも兼任している)

 握手会でファンの人に「どっちに出るの?」と
聞かれ「なんで、こう重なるの?」と叫んでいたと
レポを読んだ時に胸が痛みました。
実際、チームK公演日とチームS公演日はホント重なります。
そして、珠理奈はどっちも出れない方が多いですが。

 今のチームS公演は去年の夏から始まって
昨日で40回やったらしいですが、珠理奈はたぶん
5回しか出れていない。チームKはまぁ、この前初日だったからなぁ。

 忙しい珠理奈のスケジュールを抑えるのは
大変で、去年は誕生日当日にチームS公演。
3ヶ月後の6月にチームK公演で生誕祭を行った。

 そして、いつだったかな、SKEの方で
3月8日の昼公演の時間が前倒しになったと発表があって、
『あぁ、これは、あれかな?』って思ったら
昼にチームSでの生誕祭、夜にチームKでの生誕祭
を行うと発表があった。

 元々、私は8日は出勤日だったンですが、
先週休みだった日に出勤をしたので8日に病院に
行く事もあったので、休みにして貰いました。

 なので、お昼のチームS公演は無理でも
夜のチームK公演なら…と思い自分の持っている
名義をフル活動させましたが。。。

 卒業を控え、下手したらもうラストかも知れない
優子の出演が発表されたチームK公演の倍率は
もの凄いものだったらしい。

 マジで、こんなに当たらないものか…。
とうなだれてしまいましたよ(笑)
(キャパ250名なんで、本当に厳しい戦い)

 でも、48GはDMMで公演をリアタイで配信
(後からオンデマでも配信あり)してくれるので、
家のパソコンの前に、それぞれの時間
張り付くことが決定いたしまして、
珠理奈の生誕祭をリアルタイムに見る事が
出来ました。

 48Gの生誕祭の目玉の一つに主役の所縁の人からの
「お手紙」と言うものがあります。
生誕祭委員が自ら頼みに行って、その場でメンバーが
読み、披露すると言うものです。
「メンバー」「先輩」「尊敬する人」「家族」
誰からの手紙か、予想しながら聞くのが
楽しみの一つです。

 去年の珠理奈への手紙はそれぞれの
「お姉さん」からの手紙でした。
Sでは玲奈ちゃん、Kでは麻里子さまからの手紙でした。
(麻里子さまはその前の歳の生誕祭でも
お手紙くれたのですが、チームKの生誕祭は
総選挙後だったので、すでに卒業が発表されていたので
それはそれは感慨深いモノがありました)

 今年は「お母さん」からの手紙でした。
Sはメンバーの大矢真那。
同じ1期生のメンバーでホント昔から
珠理奈を守ってくれている存在。
珠理奈が小学生の頃のエピがホント泣けました。

 そしてKでは本当のお母さん。
13歳の生誕祭でもお母さんの手紙だったかな。
(リアタイで知っているわけではないので(笑))
お母さんの言葉はホントに「母親」の言葉でした。

 自分の夢に重ねて、芸能界入りした娘。
手を抜く事を知らない娘が、常に頑張りすぎて
体調を崩してしまう現実。心配しない訳がない。

 またこの日は優子のお父さんの誕生日だったと。
優子のコメントがホント実感しました。
「みんな、誰かの子供なんだよね」
(優子の両親は離婚していて、優子は父親の元で
育っています。まだAKBがこんな売れてなかった頃、
栃木の自宅から秋葉原まで通うのは父親のフォローが
あったからこそできた事だったと言っている)

 いや、もうホント感動いたしましたよ。
こんなに感動の一日にしてくれたスタッフに
生誕委員の皆様に感謝です。
(普段は運営には文句しかないが、ここは素直に感謝)

 私も、この一ヶ月、しみじみ母親の大切さを
実感いたしております。
人は一人では産まれてこれません。
一人では育ちません。生きてこれません。

 「生誕祭」と言う制度が、ホント素晴らしいと
改めて認識した一日でした。
プロフィール

ふれびぃ

Author:ふれびぃ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
ひとこと
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる