T&T' Box 桜の花弁がひらひら

桜の花弁がひらひら


 やっと帰宅しました!!お城の後、名古屋行って
SKEのコンサート行ってきました!!じゅりたん可愛かった!

 もう、今日は朝からバタバタで。。。
えぇ、朝から目覚ましが鳴らないって言う。
せっかく安いツアーで行こうと思ったのに、
割高になるという。

 何回、こんな事やっているンだか。
←飛行機乗り遅れたり、コンサート遅刻したり
色々、過去にやっている(笑)ヲタ活動長いわけだなぁ。

 そして、お城の感想です。
えぇ、感想です。めっさ感想です。
これから見るからネタバレいやーんって人は
ここから回れ右で(笑)

 
 


 2013年4月13日夜公演


 普通、一幕からいつも書いていますが
今日は時間もないし、まず二幕を書きたいので
そっちを。

 「義経」です。
4年ぶりの義経。お城大好きな私のテンションを
下げたのもこの義経でした。

 4年前最後のお城を見た時に「もう義経はいい」
って思いました、だから「歌舞伎」になった時に
演目が「将門」になって嬉しかった。

 義経は2年目の2007年から基本、変わっていないです。
ベースは同じ、その中で細やかな変化があるだけ。
正直、もう自分は見すぎているンだなぁって
思ってて、今回のチケット申込みもそんなに
気合入れてなかった理由はそこもありました。
←一番の理由は仕事が忙しすぎた。

 今回も「基本」は一緒です。
殿は全くぶれずに自分の「義経」を演じています。

 しかし、その舞台で見たのは4年前とは
違う「義経」と言う舞台がありました。

 殿は、細かい所は違いますが、
台詞は全く一緒です。同じ台詞です。

 なのに演出の違い、相手役の違いだけで
ここまで違う印象の舞台になると言うのが、
ホントびっくりでした。

 「義経」の中で「五条の大橋」をやるのは
初めてかな。。。今までは一幕でやっていたので
この時の牛若は殿がそのままやっていましたが、
今回は二幕にきてて、殿が鬘を付けている。

 これが長髪の鬘でちゃんと「少年」っぽく
見えるンです。「おぉ、美少年!!」って
本気で思ったもん。

 そして「弁慶」に京さま。
もの凄い「濃い」弁慶になっています。
そして三郎に深澤くん。大抜擢ですな。
今までの「三郎」って2007年にやった
かざぽんの「三郎」がベースになってて、
そこから逸脱していない印象があったンですよ。

 それが今回、どちらかと言うと「チャラ男」です。
←注意、褒めてます。
違う「三郎」を作ってきました。

 今回、鎌倉側の役名が本物です(笑)
「景時」やら「祐親」やら。。。
『おぉ、辻褄が合わんぞ』って言うのは内緒で
この景時が岩本くんで。うん、彼にこー言うのは
似合うね。彼も大抜擢だね。

 今まで、ふみきゅんがやっていた役に近いのが
江田ちゃんがやってて、これはちょっと背景が
変わってて、良かった。同じじゃふみとの
トレースになっちゃうからね。

 ちなみに上の景時は今まで北山が
やっていた役に近い。だから、彼を
どう描くのかによって、私の中で
4年前の義経のもやもやをスッキリさせる
事が出来るかも。。。って思った。

 それ以上に殿だな。自分の中で
「彼」の想いがぶれていないと思えたのは。

 今回の義経はひたすら「逃げる」ンだよ。
今までもそうって言ってしまえばそうなのかもだけど、
最後の平泉で殿は戦うンだよね。
いっぱい、いっぱい戦うンだよ。

 しかし、今回はとあるきっかけまでは
殿は戦わない。。。。

 うん、三郎が討たれるまでは殿は戦わない。
自分の渡した刀を使うことなく、倒れ果てた三郎。
その三郎の刀を見た時から、殿の戦いが始まるのよ。

 思わず、これで景時を討った後の解釈さえ
辻褄合わせてくれれば、完璧だよ。殿!!
って思った(笑)←結果は見てからのお楽しみで。

 今回、衣装が凄かったね。
一幕から、殿の着ている衣装は
新しいのばっかりだった!!
そして、殿はどこまでも男前の顔で。
「あー、すげー端正な顔だなぁ」って
双眼鏡覗きながら思った(笑)

 そして、一幕の感想は、また明日以降にします!!

プロフィール

ふれびぃ

Author:ふれびぃ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
ひとこと
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる