T&T' Box 最後の桜はとても綺麗でした。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の桜はとても綺麗でした。


 滝沢歌舞伎の千穐楽を観てきました。
とっても、とっても素敵でした。
最初のオープニングだけであいかーらず
泣ける自分が、ちょっと素晴らしい。

 殿の口上の時の拍手が半端なかった。
←自分もずっとやっていたけどね(笑)

 白塗りの殿は二階まで聞こえるくらいはっきりと
(ちゃんとそういう指定だったが(笑))
「愛してます」って言ってくれて、黒のおパンツ
見せてくれた。←双眼鏡でガン見(笑)

 黒子は今日、やる気充分だったよ(笑)
去年があったから殿は逃げるx2。
しまいにはタオル頭から被っちゃったもん。

 それでも、無事にちゅーしちゃったかな?
←私がいた角度では判別しづらかったが、
ガッツポーズしていたからなぁ、黒子。

 とりあえず、最後の挨拶かなぁ。
続きに書きまーす。


 With Lovwの後、今日の掛け声は半端なく凄かった。
キャストも気合入ってンなぁって思った。

 いつもの紅いオペラカーテンがしまった後、
しばらくしてからまたすぐに滝沢さんが出てきて、
挨拶をしてくれました。

 「五時間くらいかかる」って言っていたのに(笑)
もう帰宅しているよ(笑)

 今年も、こうやって無事に幕が開いたと言うことに
皆様のおかげです。感謝しています。と。

 皆様、知っている通り、大震災があり、
幕を開けるのか、開けないかと言うことも悩んだ。
無事に初日に幕が開き、こうして千穐楽を
迎えられた。

 「やる事に意義がある」と思ったと。
滝沢さんのお友達で、東北の方がやはり
震災での被害にあわれた方がいて、
滝沢さんはその方をこの滝沢歌舞伎に招待したと
そしたら「こーいう夢を見る時間も大切なんだな」
ってお友達から言われたと言ってました。

 この舞台をやるかどうか、悩んだ結果
やって良かったとホントに思ったと。

 稽古中も、本番中も余震がある中、
頑張って皆で乗り切ってくれました。

 で、キスマイの4人と屋良っちが代表で
挨拶してくれました。後にはキャスト
勢ぞろい。ちびっ子は勿論帰宅。

 キスマイは、ニカが喋っている時には
ホント、ちゃちゃ入れてましたわ。殿は。
←最後のJr.のお仕事、お疲れ様です。

 屋良くんは「成長できる場所」だと
言ってくれました。去年も(ドラム)、
今年も(影絵)座長は課題を与えてくれて
成長させてくれました。と

 後輩にもチャンスを与えてくれる素晴らしい
座長だと誉めてくれました。←来年も宜しくです。
殿はとっても恐縮な顔をしていました。
さっきまでの(ニカとの会話)ドヤ顔とはえらい
違いが、ちょー笑えた。

 で、後はグループ名を一個ずつ呼び上げてくれて。
すのーまん、ふぉーゆー、ぶどう、えむえーでー、めいどの順かな。
で、最後に後藤くん。ほんとーに彼には感謝です。
演舞城からずっと皆勤賞は後藤くんだけだもんねぇ。
まぁ、勿論滝沢さんもだけど(笑)

 来年、この時期にこの場所でやる事が
決定したと。同じメンバーでやりたいと思いますって。
←でもきすまいはいないのよね?
もうちょい、夜も使える子が増えるといいかなぁ。

 で、緞帳が閉まっても鳴り止まない拍手に
また出てきてくれた座長。

 とにかく、楽しんでやった一ヶ月だったと。
足を運んでくださった方にありがとうと。
そして、自分的には最後の仕事
「裏・滝沢歌舞伎」の演出があると(笑)
←今頃浴びるほど呑んでいるンだろうか?

 と言って笑顔で去っていきました。

 本当に、本当に楽しい時間をありがとうございました。

 あの震災があって、この舞台がどうなるンだろうと思って、
無事に幕が開いて、余震があるたびに「この時間だと
今は、何?何をやっている時間だ?」って
思いながら過ごした月日でもありました。
終わってしまって寂しいのもありますが、
ホッとした気持ちも確かにあります。
ホント、お疲れ様でした。スタッフもキャストも
お客様も(笑)

 何か、今更ですが、私はホントに
滝沢歌舞伎(演舞城)が大好きです。

 明日以降に、一幕と。。。ずっと溜めに溜めていた
二幕の感想をゆっくりしたいと思っています。
なので、今宵はここまでにいたしとうございます。

 でも、本当に滝沢さん大好きだ!!!!って叫んでおく(笑)

コメント

Secret

プロフィール

ふれびぃ

Author:ふれびぃ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
ひとこと
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。